浄土真宗本願寺派


住職の池田行信です。
武蔵野大学大学院仏教学研究科仏教学専攻     2017年 08月 22日
武蔵野大学大学院からのご案内です。
e0306636_21595669.jpg
e0306636_22010753.jpg

# by jigan-ji | 2017-08-22 01:02 | つれづれ記
わらび座「ミュージカル ブッダ」     2017年 08月 21日
 わらび座「ミュージカル ブッダ」のご案内です。
e0306636_08120236.jpg
e0306636_08133307.jpg

# by jigan-ji | 2017-08-21 01:02 | つれづれ記
ふるさと納税 返礼に墓掃除     2017年 08月 20日
 『東京新聞』(2017年8月16日)の記事を紹介します。
e0306636_08125406.jpg


# by jigan-ji | 2017-08-20 01:02 | つれづれ記
御恩報謝を中心といたしまするわが教団の信徒のあり方というものは、従来のままでは如何かと思われる     2017年 08月 19日

 第百二十七回定期宗会(第三日目・昭和三十一年三月三日)で糸川芳一郎議員は「新興宗教の研究と、これが活用の方策について」質問し、それに対して宮崎乗雄総務は、以下のように答弁しました。

 新興宗教の研究、これは私どもがもっとも注意をし、熱意を傾けて研究しなければならない点だと考えております。従来のわが宗門の力がややもすれば、萎靡沈滞するということを考えます。その欠陥はまさに新興宗教が一面隆々と発展して行きつつある。その点を蔑ろにしていることにあるだろうと反省をいたしておるわけであります。戦後におきまして多数の新興宗教が澎湃として興って、㴞々として人心を収攬いたし、その実力を示しておるのでございますが、その根本を尋ねてみまするというと、教義そのものよりも、大体民衆にわかりやすいということと、それから信仰と行動とが一致しているということ、それと伝道の形式が信徒から信徒へと移っている。こういう三つの点でなかろうかと私は考えておる次第であります。(中略)それから信仰と行動とが一致するという点が、これは非常に大事な点でありまして、御恩報謝を中心といたしまするわが教団の信徒のあり方というものは、従来のままでは如何かと思われる。教義の指示するところに従いまして、その範囲内において生活の上に信仰が現れるという具体的な行動面のことについて、考えを巡らしまして、適当な今後の伝道の上に、その方策を示して行きたいと存じておるわけであります。(『昭和三十年度(定期)第百二十七回宗会議事速記録』五八~五九頁)


# by jigan-ji | 2017-08-19 01:02 | つれづれ記
終戦記念日 首相・閣僚の靖国参拝ゼロ     2017年 08月 18日

 『下野新聞』(2017年8月16日)と『東京新聞』(2017年8月17日)の記事を紹介します。

e0306636_08080525.jpg
 『下野新聞』(2017年8月16日)

e0306636_08093766.jpg
 『東京新聞』(2017年8月17日)



# by jigan-ji | 2017-08-18 01:02 | つれづれ記