浄土真宗本願寺派


住職の池田行信です。
亡き夫の夢を見る     2017年 04月 26日
 『産経新聞』(2017年4月19日)の記事を紹介します。

e0306636_19271881.jpg

# by jigan-ji | 2017-04-26 01:02 | つれづれ記
婚前キスに罰 公開むち打ち     2017年 04月 25日
 『朝日新聞』(2017年4月19日)の記事を紹介します。

e0306636_19253608.jpg

# by jigan-ji | 2017-04-25 01:02 | つれづれ記
知恩院の御忌大会     2017年 04月 22日
 法然上人の忌日法要を御忌(ぎょき)というそうです。かつては1月18日よりご命日の25日まで法要が営まれたそうですが、明治10年より、多くの人に参詣いただけるよう、旧暦の1月から新暦の4月に勤められるようになったそうです。浄土真宗の報恩講に当たる法要です。
 パンフレットの一部を紹介します。

e0306636_21170003.jpg
e0306636_21172127.jpg

# by jigan-ji | 2017-04-22 01:02 | つれづれ記
世の中に存在しないお寺     2017年 04月 21日

e0306636_16105218.jpg

e0306636_16111401.jpg

 「僧侶育成体系プロジェクト委員会」の提出した『10年、20年後の日本社会で求められる僧侶像・寺院像』(『宗報』2016年11・12月合併号に掲載)には、「ホームページの無いお寺は、世の中に存在しないお寺として見なされる」「生活者のインターネットを通じた宗教情報収集が増加する中、ホームページ等を持たないお寺は広義の布教力が相対的に低下。ホームページ程度の情報発信ができないと、今後は世の中に存在していないものと捉えられる」(31頁)と述べられています。
 『平成28年度 現代版寺子屋-スクール・ナーランダ 実施報告書』によると、2017年の2月4・5日(京都会場・本願寺境内及び伝道院)、3月4・5日(高岡会場・高岡教区若神組善興寺他)に「現代版寺子屋-スクール・ナーランダ」が開催されました。
 両会場の参加者は、京都会場は17都道府県(京都府22、大阪府16、兵庫県10、東京都6、愛知県5、滋賀県3、神奈川県2、福井県2、石川県2、三重県2、奈良県2、岡山県2、山口県2、群馬県1、富山県1、岐阜県1、佐賀県1)からのべ115名、高岡会場は14都道府県(富山県22、東京都7、石川県6、大阪府4、神奈川県3、京都府3、滋賀県2、福井県1、岐阜県1、兵庫県1、和歌山県1、奈良県1、山口県1、香川県1)からのべ81名でした。
 この「現代版寺子屋-スクール・ナーランダ」をどのように知りましたかとのアンケート(複数選択可)の結果は、以下のような内容になっています。

 ポスター(2)、チラシ(8)、知人(24)、インターネット(92)、新聞(0)、雑誌(0)、その他(2)

 これまでのご門徒さんには紙媒体の案内も有効であると思います。しかし、これまで浄土真宗にご縁のなかった不特定多数の人たち、特に若者層に対しては、紙媒体の案内には限界があります。
 「生活者のインターネットを通じた宗教情報収集が増加する中、ホームページ等を持たないお寺は広義の布教力が相対的に低下。ホームページ程度の情報発信ができないと、今後は世の中に存在していないものと捉えられる」との指摘を、等閑視することはできません。


# by jigan-ji | 2017-04-21 01:02 | つれづれ記
応仁の乱化する世界?     2017年 04月 20日
 『日本経済新聞』(2017年4月18日)の記事を紹介します。

e0306636_18015781.jpg

# by jigan-ji | 2017-04-20 01:02 | つれづれ記